「秀才だったのに…」 2時間で30人の内臓が飛び散った「津山30人殺し事件」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「秀才だったのに…」 2時間で30人の内臓が飛び散った「津山30人殺し事件」とは?
 世界の犯罪史上でも類を見ない残虐極まりない大量殺人「津山30人殺し」。1938年(昭和13年)5月21日、岡山県の農村で発生。犯人・都井睦雄(22歳)は、2時間足らずで村人30人を殺害。いわゆるスプリー・キラー(spree=お祭り騒ぎ、馬鹿騒ぎ)短時間に不特定多数を殺害する殺人者)のパイオニアである。■犯人像に迫る 犯人の都井睦雄は1917年(大正6年)3月5日、生まれ。幼い頃に両親...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア

    18歳未満閲覧禁止

    ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

    閲覧しますか?