「武器人間」の元ネタ!? 背中の皮膚で作った本、髪の毛のクッション… 残酷すぎるナチスの死体活用術とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「武器人間」の元ネタ!? 背中の皮膚で作った本、髪の毛のクッション… 残酷すぎるナチスの死体活用術とは?
 死体と機械をつなぎ合わせた改造人間「武器人間」がナチスの最強の破壊兵器として登場する映画『武器人間』が注目されている。「人間と武器がくっついちゃった!!!」という、グロテスクな内容と反し、国民的アニメ『ドラえもん』で有名な声優・大山のぶ代が務めた予告ナレーションも話題になった。 あらすじはこうだ。1945年、第二次世界大戦末期の東部戦線。ソ連の偵察部隊がドイツの占領地域に潜入する。やがて...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア

    18歳未満閲覧禁止

    ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

    閲覧しますか?