平成生まれの戦場カメラマン・吉田尚弘「『ミャンマー側のスナイパーに狙われてる』と言われてすごい気が昂った」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
平成生まれの戦場カメラマン・吉田尚弘「『ミャンマー側のスナイパーに狙われてる』と言われてすごい気が昂った」
 高校生時代から難民支援NGOの契約カメラマンとなり、ビルマ難民を取材。若干22歳の今「平成生まれの戦場カメラマン」として、海外のスラムや紛争地にある「リアル」をテーマに撮影を続ける吉田尚弘氏。その若く・細い(とても戦場カメラマンには見えない!)体のどこからそんなエネルギーが沸くのか…、吉田氏を突き動かしているものは何なのか、お話しを伺った。――まず、カメラマンになった経緯を教えてくださ...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア