軍艦島に残された“炭鉱の遺構” ー 秘境写真家、国内最古のコンクリート建築30号棟に迫る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
軍艦島に残された“炭鉱の遺構” ー 秘境写真家、国内最古のコンクリート建築30号棟に迫る
【第1回はコチラ】 2015年のユネスコの世界文化遺産登録に向けて、その航海を続けている軍艦島(長崎県長崎市端島)。 かつて軍艦島は、海底炭鉱の島として栄え、1960年(昭和35年)の最盛期には5300人もの人が暮らしていた。しかし、74年に閉山となってからは、40年近くもの間無人島となっていた。そして今年9月、政府が「明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域」の構成資産のひとつとして...

    今月のフォト

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア