「映画で見た血が美しかった」 “轢き殺されたお姉さん”を描く笹山直規の頭の中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「映画で見た血が美しかった」 “轢き殺されたお姉さん”を描く笹山直規の頭の中
 生と死に囚われた表現者、笹山直規。彼の作品を見て、一言で「怖い」…そう、感じる人もいるかもしれない。けれども、自分の欲望を極限まで忠実に描くこの作家の作品からは「怖い」以上の何か特別なエネルギーを感じる人が多いのではないだろうか。そんな彼の最新作は『旅行バスに轢き殺されたバスガイドのお姉さん』。死や幻想の先にある新しい世界への旅立ちを意味しているというが――。■死に直結する“血...

    今月のフォト

    オリエント工業ラブドール40年間の集大成 『今と昔の愛人形』展にメロメロ! “しゃべるドール”の乳首からラブジュースも放出

    【シリアルキラー展Ⅱ】人肉ハンバーガー、殺人ピエロ、マンソン…“猟奇殺人鬼”の芸術が鑑賞者に生々しく迫る!前回よりパワーアップ

    フランス人写真家が撮った“日本民族の異形な神々”がキレキレでカッコよすぎる!シャルル・フレジェ写真集『YOKAI NO SHIMA』

    一軒家を落書きで埋め尽くす老人、2万点の仮面を作った男、キャラ人形を量産する自宅ドリーマー… 櫛野展正が伴走するアウトサイドな作家たち

    写真投稿

    写真の投稿はこちら