「映画で見た血が美しかった」 “轢き殺されたお姉さん”を描く笹山直規の頭の中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「映画で見た血が美しかった」 “轢き殺されたお姉さん”を描く笹山直規の頭の中
 生と死に囚われた表現者、笹山直規。彼の作品を見て、一言で「怖い」…そう、感じる人もいるかもしれない。けれども、自分の欲望を極限まで忠実に描くこの作家の作品からは「怖い」以上の何か特別なエネルギーを感じる人が多いのではないだろうか。そんな彼の最新作は『旅行バスに轢き殺されたバスガイドのお姉さん』。死や幻想の先にある新しい世界への旅立ちを意味しているというが――。■死に直結する“血...

    今月のフォト

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア