日本版バンクシーが渋谷に!? 震災復興メッセージを含んだ街中の落書き 【タギングアート】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本版バンクシーが渋谷に!? 震災復興メッセージを含んだ街中の落書き 【タギングアート】
【第1回はコチラ】 第2回目は、2011年の震災以降のタギングの特集だ。意図が不明確なタギングが増え続ける一方で、2011年3月以降はメッセージが強く盛り込まれたもの、またはそれを意識せざるを得ないものが登場してくる。震災があったからこそ生まれたタギング、今回はそんな写真を選んだので、見てほしい。 『μSv』シリーズ 0.21は、恵比寿駅前の放射線量をあらわしている。都心ではちら...

    今月のフォト

    “失踪を繰り返す父”と“行方不明だった伯母”を撮り続けた写真家・金川晋吾インタビュー「度重なる父親の裏切りに“爽快感”」

    バッキバキに剥き出しの“東京”を撮る写真家・新納翔! 圧倒的な都市の“核”を捉えた写真集『PEELING CITY』を語る!

    写真投稿

    写真の投稿はこちら