インカ時代の20代女性のミイラ、死因は宗教儀式の生け贄だった!? 500年前一体何があったのか?【最新研究報告】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
インカ時代の20代女性のミイラ、死因は宗教儀式の生け贄だった!? 500年前一体何があったのか?【最新研究報告】
 三つ編みにされた髪の毛などを見ると、当然のことなのですが、今から数百年前に彼女が実際に生きていたのだという事実に思いを馳せずにはいられません。 この女性のミイラは、1890年代にチリのアタカマ砂漠で発見され、博学だった当時のバイエルン王女テレーゼが自国に持ち帰ったものです。その後、現在に至るまでバイエルン州立考古学収集館で長らく保管されてきましたが、この度、ミュンヘン大学の古生物病理学者...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア