96%の精度で、アルツハイマー病の発症がわかる、新・検査方法とは? 高齢化社会に朗報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
96%の精度で、アルツハイマー病の発症がわかる、新・検査方法とは? 高齢化社会に朗報
 増え続ける認知症。厚生労働省の調査によるとアルツハイマー病は、日本では65歳以上の人のうち、462万人が発症しているといいます。 その主要な原因の一つが、根本的な治療法がないということで、その発症のメカニズムもまだはっきりとはわかっていません。そんな中、血液検査によって数年以内にアルツハイマー病を発症するかどうかを、90%以上の精度で調べることができるという研究結果が、3月9日に科学雑誌...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア