STAP細胞「いつでもできるんじゃないのか」「公開すればいいのに」 戦場カメラマンが聞いた、小保方氏会見、現場の声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
STAP細胞「いつでもできるんじゃないのか」「公開すればいいのに」 戦場カメラマンが聞いた、小保方氏会見、現場の声
平成生まれの戦場カメラマン吉田尚弘が見た、新型万能細胞「STAP(スタップ)細胞」の論文不正問題、記者会見の現場!!■メディアが大注目、記者300人以上集まり、最前列は朝8時から並ぶ 理系女子という意味のリケジョという新語まで誕生させ話題を呼んだ、STAP細胞論文の筆頭著者である小保方晴子氏(30)の記者会見が、昨日9日に大阪市内で開かれた。 今回の記者会見では、STAP細胞作製に...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア