【STAP細胞】笹井氏バッシングは酷なのか!? 「不正見抜かなくてOK」が自然科学界の常識!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【STAP細胞】笹井氏バッシングは酷なのか!? 「不正見抜かなくてOK」が自然科学界の常識!?
 未だ収束の気配の見えない『STAP細胞』騒動。先々週に行われた小保方晴子ユニットリーダーの会見を受け、先週、STAP論文の共著者で小保方氏の指導役だった理化学研究所副センター長である笹井芳樹氏も会見を行った。 笹井氏は会見のなかで、論文の不正を見抜けなかったことについて、「私は論文投稿までの約2年間の過程の中で、最後の2ヶ月強の段階で参加致しました。生データや(実験)ノートを見る機会が...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア