【軍艦島】“日本建築史の空白の10年間”に建てられた「65号棟」 立ち入り禁止区域に秘境写真家・酒井透が迫る!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【軍艦島】“日本建築史の空白の10年間”に建てられた「65号棟」 立ち入り禁止区域に秘境写真家・酒井透が迫る!
 今回で4回目を迎える『軍艦島大特集』。前回からは、軍艦島最大の見所である西部地域に入ったが、今回はさらに奥へと進んでみたい。もちろん、この西部地域は、建物の倒壊の危険があるため、長崎市によって一般の立ち入りが禁止されている場所だ。 前回紹介した日給住宅(16~20号棟)に次いで見所となるのは、やはり65号棟(通称「報国寮」)だろう。軍艦島最大の建築物となる65号棟は、見る者を圧倒する。閉山か...

    今月のフォト

    “失踪を繰り返す父”と“行方不明だった伯母”を撮り続けた写真家・金川晋吾! ロングインタビュー

    “失踪を繰り返す父”と“行方不明だった伯母”を撮り続けた写真家・金川晋吾作品集『father』インタビュー

    バッキバキに剥き出しの“東京”を撮る写真家・新納翔! 圧倒的な都市の“核”を捉えた写真集『PEELING CITY』を語る!

    写真投稿

    写真の投稿はこちら