GW中の伊豆大島近海地震は首都直下地震の前兆だった!? 疑問が残る、気象庁の“安全発表”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
GW中の伊豆大島近海地震は首都直下地震の前兆だった!? 疑問が残る、気象庁の“安全発表”
 ゴールデンウィーク真っ只中の5月5日朝5時18分頃、伊豆大島近海を震源とするM6.0の地震があり、千代田区で最大震度5弱を記録した。震源の深さが162キロと深かったこともあり、北は青森県から西は鳥取県まで広範囲で揺れた。 気象庁は、この地震について「太平洋プレート内部で起きた地震であり、首都直下地震や相模トラフ沿いの地震との関連性は低いと考えている」という見解を発表している。だが、果たし...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア