“1番の人”より2番の方が幸せな人生が送れる? 十日戎開門神事福男選びの都市伝説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
“1番の人”より2番の方が幸せな人生が送れる? 十日戎開門神事福男選びの都市伝説
 1940年から(記録が残っている)毎年1月10日の十日えびすに執行される、兵庫県の西宮神社の「十日戎開門神事福男選び」。 スタートとなる赤門から、ゴールの本殿までの200mの距離を走り、1位になった人は、その年の全ての運を手にすると言われており、毎年5,000人近くが参加する。 だが、参加者全員が、フラットにスタートできるほどの広さは赤門にはない。実際、「福男になるのは、1番~10番...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア