軍艦島に残された“建物の息吹”が聞こえる ― 秘境写真家・酒井透インタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
軍艦島に残された“建物の息吹”が聞こえる ― 秘境写真家・酒井透インタビュー
 長年、“廃墟マニアの聖地”と呼ばれていた軍艦島(長崎県長崎市/端島)が今、国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産登録に向けて脚光を浴びている。6月21日には、富岡製糸場(群馬県富岡市)が世界文化遺産に登録されたこともあり、2015年の登録を目指している軍艦島には、さらなる期待が寄せられている。 そんな軍艦島を5年以上前から研究してきたという秘境写真家・酒井透氏が、このたび写真...

    今月のフォト

    写真家・中筋純が撮り続ける「原発事故」の真実! 時間が止まった街が廃墟化する過程…現在の福島は日本の未来の姿だ!

    母の自殺、メンヘラ、心霊、寺の鐘…負の力を創作エネルギーに昇華する「岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)展」がヤバすぎる!

    写真投稿

    写真の投稿はこちら