軍艦島に残された“建物の息吹”が聞こえる ― 秘境写真家・酒井透インタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
軍艦島に残された“建物の息吹”が聞こえる ― 秘境写真家・酒井透インタビュー
 長年、“廃墟マニアの聖地”と呼ばれていた軍艦島(長崎県長崎市/端島)が今、国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産登録に向けて脚光を浴びている。6月21日には、富岡製糸場(群馬県富岡市)が世界文化遺産に登録されたこともあり、2015年の登録を目指している軍艦島には、さらなる期待が寄せられている。 そんな軍艦島を5年以上前から研究してきたという秘境写真家・酒井透氏が、このたび写真...

    今月のフォト

    “失踪を繰り返す父”と“行方不明だった伯母”を撮り続けた写真家・金川晋吾作品集『father』インタビュー

    バッキバキに剥き出しの“東京”を撮る写真家・新納翔! 圧倒的な都市の“核”を捉えた写真集『PEELING CITY』を語る!

    写真投稿

    写真の投稿はこちら