【中国】怪病か、カメの呪いか? 成長が止まる「小人の村」の謎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【中国】怪病か、カメの呪いか? 成長が止まる「小人の村」の謎
 中国・四川省南西部に位置する人里離れた村、鳴陽寺。この村は、全村民80人のうち36人の身長が極めて低い「小人(こびと)の村」であるという。「Odditycentral」が伝えるところによると、この36人の身長は、最も高い人でも120cmに満たず、最も低い人は約63cmしかない。通常、成長障害は2万人に1例程度の発生頻度とされるため、他の原因が潜んでいることは明白だが、数十年にわたる調査にもか...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア