500年以上の時を経て蘇った、アンコールワットの“隠された壁画”が神秘的!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
500年以上の時を経て蘇った、アンコールワットの“隠された壁画”が神秘的!
 6月、群馬県の富岡製糸場と周辺の養蚕関係施設が絹産業遺産群として、世界文化遺産に登録されました。国際的に普遍的な価値があると公式に認められたことで、関係者は誇らしい気持ちであふれていることでしょう。貴重な文化財はその国や地域の象徴となりますよね。たとえばカンボジアでも、国旗にアンコールワットが描かれているのが、その証拠。今回は、そんなアンコールワットがNASAの技術によって丸裸にされた! という...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア