「日本のチベット」の何が悪い? ― 放送禁止用語と怪獣映画『大怪獣バラン』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「日本のチベット」の何が悪い? ― 放送禁止用語と怪獣映画『大怪獣バラン』
――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコミどころ満載の封印映画をメッタ斬り!【今回の映画 『大怪獣バラン』】 メディアで使用される表現に関して、時期によって社会通念上「不適切」と烙印を押され、テレビ放送やビデオなどで多くの台詞が削除されてきた。バラエティ番組などでよく見る「ピー」に類似した処置で、劇中で台詞の一部が唐突に無音(口パク状態)となるのだ。その多くは、当時...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア