「江戸は何うしても火の海ぞ」当たりすぎる予言書『日月神示』が示す、2018年日本崩壊説!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「江戸は何うしても火の海ぞ」当たりすぎる予言書『日月神示』が示す、2018年日本崩壊説!!
 日本の未来を予言する書として、『日月神示』への注目度が高まっている。『日月神示』とは、神道研究家・画家である岡本天明(1897~1963年)が、1944年6月~1961年まで約17年間に渡り、記した書物だ。 これまで、『日月神示』は、日本で起きるさまざまな出来事を的中させてきたが、さらに日本の恐るべき終末にまで言及することもある。 では、『日月神示』はどのようにして生まれたのであ...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア