水族館の生き物は、本当に生きていると言えるか? 写真家、馬場智行が迫る「魚たちの暗闇」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
水族館の生き物は、本当に生きていると言えるか? 写真家、馬場智行が迫る「魚たちの暗闇」
 水族館にいる生き物たちは果たして本当に生きているといえるのだろうか? 生存競争に身を置くこともなく、人工海水・人工砂浜に囲まれた空間で孤独に佇む彼らは一体何のために生きているのだろうか? 人工授精の技術が飛躍的に発展を遂げた昨今、水族館にいる生き物を通じて、我々人間の危うげな未来に対して今一度「生命とは何なのか?」を問うた作品が、馬場智行氏の『ACRYL』(リブロアルテ)だ。「数十...

    今月のフォト

    “失踪を繰り返す父”と“行方不明だった伯母”を撮り続けた写真家・金川晋吾インタビュー「度重なる父親の裏切りに“爽快感”」

    バッキバキに剥き出しの“東京”を撮る写真家・新納翔! 圧倒的な都市の“核”を捉えた写真集『PEELING CITY』を語る!

    写真投稿

    写真の投稿はこちら