水族館の生き物は、本当に生きていると言えるか? 写真家、馬場智行が迫る「魚たちの暗闇」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
水族館の生き物は、本当に生きていると言えるか? 写真家、馬場智行が迫る「魚たちの暗闇」
 水族館にいる生き物たちは果たして本当に生きているといえるのだろうか? 生存競争に身を置くこともなく、人工海水・人工砂浜に囲まれた空間で孤独に佇む彼らは一体何のために生きているのだろうか? 人工授精の技術が飛躍的に発展を遂げた昨今、水族館にいる生き物を通じて、我々人間の危うげな未来に対して今一度「生命とは何なのか?」を問うた作品が、馬場智行氏の『ACRYL』(リブロアルテ)だ。「数十...

    今月のフォト

    ドイツ人たちは縄文タトゥーをどう見たか? カウンター視点の国際芸術祭「ドクメンタ14」&ドイツで開催された『縄文族 JOMON TRIBE』展の顛末

    【取材】巨乳ポルノ女優の強烈アート、実在ナチスのメンバー&発禁本神殿…! 5年に1度のドイツ国際美術展「ドクメンタ14」が激アツ!

    写真投稿

    写真の投稿はこちら