「介護界のニューヒロインを描きたかった」 映画『0.5ミリ』安藤桃子監督インタビュー!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「介護界のニューヒロインを描きたかった」 映画『0.5ミリ』安藤桃子監督インタビュー!!
 長編デビュー作となる前作『カケラ』(2009年)が高い評価を受けた映画監督・安藤桃子。今や映画の世界のみならず、作家、テレビ番組のMCなど多方面で活躍する彼女が、原作・脚本・監督を手がけた最新作『0.5ミリ』が公開された。 本作の主演は、安藤桃子監督の妹であり、次代の日本映画を担う逸材として期待されている実力派女優・安藤サクラ。また、エグゼクティブ・プロデューサーは父・奥田瑛二、フードス...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア