覚醒剤密輸の疑いで日本人逮捕 死刑・拷問、インドネシア警察の実態!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
覚醒剤密輸の疑いで日本人逮捕 死刑・拷問、インドネシア警察の実態!
 11月22日、インドネシア・西スマトラ州パダンにあるミナンカバウ国際空港で、73歳の日本人カワダ・マサル容疑者(漢字不明)が逮捕された。罪状は麻薬取締法違反、実に2.5キロもの覚醒剤を密輸しようとしたのだ。 ミナンカバウ国際空港警察のジョン・ヘルマン署長は記者会見で、カワダ容疑者はマレーシア・クアラルンプール発エアアジアAK403便でパダンを訪れるも、X線機器による検査で旅行カバンに隠さ...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア