全身の皮膚が剥がれ落ちる「蝶の子ども」 ― 8歳優等生の過酷すぎる暮らしとは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
全身の皮膚が剥がれ落ちる「蝶の子ども」 ― 8歳優等生の過酷すぎる暮らしとは!?
 中国で、難病の症状に苦しみつつも、不屈の闘志で勉強に打ち込む少年と、彼を必死に支える両親の姿が大きな話題を呼んでいる。詳細についてお伝えしよう。■「表皮水疱症」患者の過酷な生活 Song Liuchenくん(8)は、「表皮水疱症(EB)」という疾患を抱えている。極めて珍しいこの難病の患者は、日常生活における非常に弱い外力でも、皮膚に水疱や“びらん”が生じ、肌が剥がれ落ちてしまう。皮膚...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア