【イスラム国事件】なぜ、2人は殺されなければならなかったか? アメリカを意識しすぎた日本の誤算

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【イスラム国事件】なぜ、2人は殺されなければならなかったか? アメリカを意識しすぎた日本の誤算
 イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国(IS)」により、湯川遥奈さんと後藤健二さん2人の日本人男性の命が奪われた。 そもそも、湯川さんが拘束されたとニュースになったのは昨年の8月のこと。後藤さんも11月にはISに拘束されていたと報じられている。ISはこの時期になってなぜ、拘束中の日本人2人を表に出したのか。政府系シンクタンク研究員のAさんは、「安倍首相の中東歴訪がトリガーになった」と語る...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア