「障害者がセックスする相手は風俗嬢に違いない」という思い込み!? 己を疑え、マイノリティは状況で逆転する/映画監督佐々木誠インタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「障害者がセックスする相手は風俗嬢に違いない」という思い込み!? 己を疑え、マイノリティは状況で逆転する/映画監督佐々木誠インタビュー
 先日TOCANAでも紹介した『マイノリティとセックスに関する、極私的恋愛映画』(以下「マイノリティとセックス」)。2月14日に東京・渋谷のアップリンクで公開が始まって以来好評のため、上映期間が3月6日まで延長されることに決定した。観た人の評判が賞賛と不満の声に分かれているというこの作品について、佐々木誠監督ご自身にお話を伺った。■リリー・フランキーが激怒した!? 賛否が分かれる映画...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア