戦争がもたらした精神的な早熟と、殺虫剤がもたらす"肉体の早熟"?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
戦争がもたらした精神的な早熟と、殺虫剤がもたらす
【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】 20歳で早世したフランスの小説家レイモン・ラディゲ。彼が実体験をもとに17歳で発表した小説『肉体の悪魔』は、第一次世界大戦へと出征している兵士の妻と恋愛関係を結んでしまう16歳の高校生の話である。 小説の冒頭で、主人公は、戦争という異様な雰囲気が「僕」に大きな影響を及ぼしたと告白する。街から大人の男...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア