中国の巨人症の女 ― 貧困と悲運が引き起こした悲しい死

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中国の巨人症の女 ― 貧困と悲運が引き起こした悲しい死
 中国の農村、舒茶村で72年に生まれた姚徳芬(ヤオ・ダーフェン/Yao Defen)さんは、幼少期の頃から食欲旺盛で元気な女の子だったが、11歳の時には身長が188cmあり、ほかの女の子とは比べものにならないほどの逞しい体つきに育っていた。 姚の実家は食べ盛りの姚の食費を賄うことが大変なほど貧しく、家族は将来、姚がプロのバスケットボール選手になることを望んだ。彼女自身も15歳になると、学生...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア