「吐血と黒い便、腹にできた大きな腫瘤…」徳川家康の死因は何だったのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「吐血と黒い便、腹にできた大きな腫瘤…」徳川家康の死因は何だったのか?
【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】 時に16世紀中頃の室町時代――。1543年、マラッカ銃がポルトガルから種子島に上陸。「油で揚げる」南蛮料理の天ぷら(フィレッテ)を伝えたのは、長崎に赴いたポルトガル人だ。当時、灯火用の油は貴重な資源。大量の油を使う天ぷらは高級品で、庶民にとっては高嶺の花だった。 徳川様の御代になり菜種油が増産され、天ぷ...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア