“ひ弱なサル”の近親交配が人類を生んだ!? 科学者「障がいや奇形こそ進化に重要な役割」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
“ひ弱なサル”の近親交配が人類を生んだ!? 科学者「障がいや奇形こそ進化に重要な役割」
 優勝劣敗、適者生存、弱肉強食……。生物進化の頂点にある人間は、苛酷なサバイバルレースを勝ち抜いた最も優秀な遺伝子をもった種であるといえるが、決して“強い”種ではなかったという学説が注目を浴びている。古代の原人は虚弱で、仲間の協力がなければ生きていけなかったからこそ、今日の人類に進化できたというのだ。■障がいや奇形の多い“ひ弱なサル”が我々の祖先!? 先頃、人類学系の学術論文サイト「...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア