4本の手と4本の足 ― インド人幼女「結合双生児」のドキュメンタリー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4本の手と4本の足 ― インド人幼女「結合双生児」のドキュメンタリー
 ラクシュミ・タトゥマちゃんは2005年12月に、インドの中でも貧しいビハール州の村で生まれた。母親のプーナンさんは生まれたばかりの女児を見せられて意識を失った。その子どもには手が4本、脚が4本あったのだ――。■ラクシュミちゃんの症状「結合双生児」 インドの貧しい農村では、障害のある子どもが生まれると外に置き去りにしてしまうことが多い。しかし、村人や両親は、この子を4本の手を持つ豊穣と幸...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア