遺伝子操作で透明になった“クラゲ羊”、市場に流通して大問題に!!=パリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
遺伝子操作で透明になった“クラゲ羊”、市場に流通して大問題に!!=パリ
 パリで遺伝子操作によってクラゲのDNAを組みこまれて肌が透明となった羊が、なんと手違いにより研究所から市場に出てしまったという、ショッキングなニュースが!■“クラゲ羊”の肉が市場に出回る! この実験対象であった“Ruby”と名付けられた羊は、フランス国立農学研究所(INRA)が2009年より着手した哺乳動物の治療に役立たせるための研究『グリーン・シープ・プログラム』の一環により生み...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア