顔面に巨大腫瘍を持つ3歳の少年 手術せずに日本の漢方薬を選んだ後、死亡=インドネシア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
顔面に巨大腫瘍を持つ3歳の少年 手術せずに日本の漢方薬を選んだ後、死亡=インドネシア
【インドネシアと日本を行き来するライターが送る、魔都ジャカルタシリーズ】 イスラム教徒が国民の大多数を占めるインドネシアには、「断食月(ラマダン)」というものがある。6月18日から1カ月間、この時期の市民は自らの信じる宗教や神に対して、より敬虔になる。 そんな折、ジョグジャカルタ州に住むひとりの男の子の名前がインドネシア中に知れ渡った。彼の名はアビユ・ダッファくん(3)。そのダッファくんの...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア