アメリカ炭疽菌事件に残る謎 DNA鑑定活用されず容疑者自殺 FBIや米軍の陰謀説も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アメリカ炭疽菌事件に残る謎 DNA鑑定活用されず容疑者自殺 FBIや米軍の陰謀説も
【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】 2001年9月11日、アメリカ同時多発テロ事件が発生。その衝撃が覚めやらぬ9月18日と10月9日に、大手テレビ局、出版社、上院議員に、炭疽菌が入った容器を封入した手紙が届く。手紙には「次はお前だ すぐペニシリンを用意しろ アメリカに死を イスラエルに死を アラーは偉大なり」とあった。その後、炭疽菌による肺炭...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア