“日本”が封印した反戦映画 ― 亀井文夫監督が挑んだ日本のタブーとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
“日本”が封印した反戦映画 ― 亀井文夫監督が挑んだ日本のタブーとは?
 現在、ほとんどの商業映画が、映倫(映画倫理委員会)の審査を通過してから劇場で公開されている。だが、戦時中は強権を持つ内務省の検閲、敗戦後はGHQ(連合国軍総司令部)の検閲により、国策に反する作品の制作・上映は許可されなかった。その代表作が記録映画の巨匠・亀井文夫が監督した『戦ふ兵隊』(39年)と『日本の悲劇』(46年)であり、両作品は戦後数十年に渡って封印されていた。 1908年、現在の福島...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア