『バケモノの子』はショタ萌え映画か? 細田守監督の“ショタ愛”を検証してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『バケモノの子』はショタ萌え映画か? 細田守監督の“ショタ愛”を検証してみた
【本と雑誌のニュースサイトリテラより】 7月11日に公開された映画『バケモノの子』。前作から3年ぶりとなる細田守監督の最新作は、興行収入70億円も見込める好調なスタートを切り、すでに今夏最大の話題作となっている。そんな『バケモノの子』だが、細田ファンの間では主人公の少年・九太が9歳の頃の幼少期が「かわいすぎる」「いいショタ」と評判で、一部では『バケモノの子』ではなく“ショタの子”とまで言わ...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア