弱きを助け強きを挫く! 原発裁判を闘う凄腕弁護士・河合弘之という男

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
弱きを助け強きを挫く! 原発裁判を闘う凄腕弁護士・河合弘之という男
「強制起訴」「市民の正義」 7月31日、東京地裁の前で、ふたつの言葉が書かれた幕が掲げられた。福島第一原発事故当時、東京電力の会長であった勝俣恒久、副社長であった武藤栄、武黒一郎が、業務上過失致死傷罪で強制起訴されることが、この日、東京第五検察審査会で決定したのだ。 私たちが日々接しているニュース。たとえば、高速バスの事故、船の転覆事故、トンネルの崩落事故などでも、事故が発生すれば直ち...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア