Gカップの「ヒゲ女」 ― 母親の閉経のタイミングでヒゲが生えた“異端女”の性と自我・インタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Gカップの「ヒゲ女」 ― 母親の閉経のタイミングでヒゲが生えた“異端女”の性と自我・インタビュー
 今さらいうまでもないが、人間の形状というものは様々である。しかし、他の生物に比べて、その個体差というものはあまり大きくはない。たとえば、身長3メートルの人間もいなければ、体重5キロの人間も存在しない。目はふたつ、口はひとつ、鼻はひとつ。その意味においては、人間それぞれの個体差など“誤差”といえるものなのだろうが、その僅かな幅の中に、マリリン・モンローもエレファントマンも存在してきた。その誤差に一...

    今月のフォト

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア