Gカップの「ヒゲ女」 ― 母親の閉経のタイミングでヒゲが生えた“異端女”の性と自我・インタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Gカップの「ヒゲ女」 ― 母親の閉経のタイミングでヒゲが生えた“異端女”の性と自我・インタビュー
 今さらいうまでもないが、人間の形状というものは様々である。しかし、他の生物に比べて、その個体差というものはあまり大きくはない。たとえば、身長3メートルの人間もいなければ、体重5キロの人間も存在しない。目はふたつ、口はひとつ、鼻はひとつ。その意味においては、人間それぞれの個体差など“誤差”といえるものなのだろうが、その僅かな幅の中に、マリリン・モンローもエレファントマンも存在してきた。その誤差に一...

    今月のフォト

    オリエント工業ラブドール40年間の集大成 『今と昔の愛人形』展にメロメロ! “しゃべるドール”の乳首からラブジュースも放出

    【シリアルキラー展Ⅱ】人肉ハンバーガー、殺人ピエロ、マンソン…“猟奇殺人鬼”の芸術が鑑賞者に生々しく迫る!前回よりパワーアップ

    フランス人写真家が撮った“日本民族の異形な神々”がキレキレでカッコよすぎる!シャルル・フレジェ写真集『YOKAI NO SHIMA』

    一軒家を落書きで埋め尽くす老人、2万点の仮面を作った男、キャラ人形を量産する自宅ドリーマー… 櫛野展正が伴走するアウトサイドな作家たち

    写真投稿

    写真の投稿はこちら