【日航機墜落事件】魔女が聞いた、陰謀論者の間で囁かれる「究極の陰謀論」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【日航機墜落事件】魔女が聞いた、陰謀論者の間で囁かれる「究極の陰謀論」
 1985年8月12日の日航機123便墜落事件から今年で30年になる。1985年8月12日18時56分に123便は群馬県多野郡上野村の高天原山の尾根に墜落した。事故の原因は1987年6月19日に航空事故調査委員会が公表した報告書によると、同機が1978年6月2日に伊丹空港で起こしたしりもち着陸事故(後述)後の、ボーイング社の修理が不適切だったことによる圧力隔壁の破損だとされている。これをもって...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア