東山紀之、反ヘイト本文庫化であらためて語る差別と暴力「人は人を差別するときの顔が最も醜い」「人間は、決して無駄に闘ってはならない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
東山紀之、反ヘイト本文庫化であらためて語る差別と暴力「人は人を差別するときの顔が最も醜い」「人間は、決して無駄に闘ってはならない」
【本と雑誌のニュースサイトリテラより】 昨年11月、本サイトで報じた東山紀之の自伝的エッセイ『カワサキ・キッド』(2010年発行/朝日新聞出版)の"反ヘイト"記事は大きな反響を呼んだ。神奈川県川崎市のコリアンタウンで生まれ育った東山の極貧の少年時代、祖父がロシア人という出自、在日コリアン一家との交流などが描かれた本書は、東山の"反ヘイト精神"が溢れており、在特会やネトウヨ、そして"ヘイト政...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア