亀梨和也はよくやった! 差別用語&タブー連発「寺山修司の幻の戯曲」の演出がヤバすぎる!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
亀梨和也はよくやった! 差別用語&タブー連発「寺山修司の幻の戯曲」の演出がヤバすぎる!!
 KAT-TUNの亀梨和也が舞台初主演を務めている「青い種子は太陽のなかにある」(30日まで、東京・渋谷のBunkamuraオーチャードホール。9月4日から大阪のオリックス劇場)がすごい。タブーなき舞台は、制作陣の信念と亀梨の本気度が現れていると評判だ。 同舞台は今年、生誕80年の劇作家、故・寺山修司さんが残した幻の戯曲。演出は蜷川幸雄氏、音楽は松任谷正隆氏という超豪華で硬派な作品だ。...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア