北朝鮮へ渡って40年以上、よど号犯が暮らす「日本人村」の日常とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
北朝鮮へ渡って40年以上、よど号犯が暮らす「日本人村」の日常とは!?
「われわれは明日のジョーである」 1970年、共産主義者同盟赤軍派のメンバーはそんな言葉を残して、日航機「よど号」をハイジャックし北朝鮮に渡った。それから40年以上の月日が経ち、現在でも一部のメンバーとその妻らは北朝鮮で暮らしている。日本と国交がなく、閉ざされた国として知られる北朝鮮で、彼らはどのように暮らしているのか。よど号メンバーが生活する「日本人村」を訪れた編集者・椎野礼仁さんが8月、...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア