足利の幼女誘拐殺人事件 精度の低いDNA鑑定結果が冤罪を招く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
足利の幼女誘拐殺人事件 精度の低いDNA鑑定結果が冤罪を招く
【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】 今回は精度の低いDNA鑑定の結果が冤罪の遠因となり、その後、最新のDNA鑑定によって無実が立証された足利事件について話そう。 1990年5月12日午後7時頃、栃木県足利市内のパチンコ店から4歳の保育園児Mちゃんが行方不明になる。翌13日、渡良瀬川の河川敷でMちゃんの遺体を発見。同日夜、県警科学捜査研究所...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア