オルドビス紀の凶戦士ゾイド発見!? 4億6,000万年前の“巨大ウミサソリ”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オルドビス紀の凶戦士ゾイド発見!?  4億6,000万年前の“巨大ウミサソリ”
 体長が1.5m以上もあるウミサソリの標本(生物、岩石などを研究材料として採取したもの)が発見された。しかも、過去に発見されていた中でも最古となる、4億6,000万年前のものだという。この世紀の発見に、世間からは驚きの声と共に“ゾイド”を指摘する声が上がった。 カンブリア紀(5億7,000万年前~5億年前)の時代に爆発的な進化を遂げた海中生物。オルドビス紀(5億年前~4億4,000万年前)...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア