公開できるかギリギリの問題作! 四肢を失ったヤクザが暴れまくるタブー映画『木屋町DARUMA』主演・遠藤憲一インタビュー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
公開できるかギリギリの問題作! 四肢を失ったヤクザが暴れまくるタブー映画『木屋町DARUMA』主演・遠藤憲一インタビュー!
 発禁作品を映画化した問題作、ここに爆誕――。10月3日から渋谷シネパレスなど全国で公開される映画、『木屋町DARUMA』が注目を集めている。■タブーエッセンスを凝縮した怪作 この作品は、“京都の歓楽街である木屋町で、四肢をなくしたヤクザが、借金取りとして、自らの体型を活かして取り立てを行う”という、あまりにも衝撃的すぎる内容から、多くの出版社に刊行を断られた丸野裕行の小説が原作。...

    今月のフォト

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア