消えた大阪の海底住居・ガラテの謎 ― 20世紀の人類が思い描いた“幻の近未来”を訪ねて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
消えた大阪の海底住居・ガラテの謎 ― 20世紀の人類が思い描いた“幻の近未来”を訪ねて
 2020年に開催予定の東京五輪を前に、現在、都心部では急速に既存施設の統廃合や、新規施設の建設ラッシュとなっている。そうした中、この国の人々が「近未来」という漠然としたイメージに胸を躍らせていた頃に作られた時代の象徴が、先頃、ひっそりとその姿を消したという話を耳にした。「海で暮らす。―それは、人類の見果てぬ夢の一つでした」 かつて大阪南港魚つり園の片隅に佇んでいた構造物の傍らに設置さ...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア