奇習! 封印された平安貴族たちの蛮行 ― “恍惚”の赤ん坊レイプ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
奇習! 封印された平安貴族たちの蛮行 ― “恍惚”の赤ん坊レイプ
【日本奇習紀行シリーズ・番外】平安貴族たちの隠された悦楽 かつて、小説家・芥川龍之介は、『今昔物語集』に残る逸話を基に、その著作である小説『羅生門』で、死体から髪を盗んで生業とする老女の姿を描いていた。だが、かつて、京の都が荒みに荒んでいた頃、死人の髪と同様に、常時では考えられぬ需要が生まれていた。それは、生後間もない嬰児の亡骸である。 以前、世界各地の権力者たちが、幼児の性器から切除...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア

    18歳未満閲覧禁止

    ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

    閲覧しますか?