哲学的自殺の可能性はあるのか? 小4男児の不可解な首吊り事件と、シュタイナー教育

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
哲学的自殺の可能性はあるのか? 小4男児の不可解な首吊り事件と、シュタイナー教育
~【ジャーナリスト渋井哲也のひねくれ社会学】都市伝説よりも手ごわいのは、事実だと思われているニセモノの通説ではないだろうか? このシリーズでは実体験・取材に基づき、怪しげな情報に関する個人的な見解を述べる~ 東京都日野市三沢にある「高幡山」と呼ばれる場所で10月26日、市内在住の小学4年生の男児(10)が遺体で発見された。全裸で、かつ両手足が縛られた状態だったが、第三者による介入の跡がないこと...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア