【CG児童ポルノ裁判】被害児童が“実在しているか否か”をめぐり、揺れる裁判! 目が離せない!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【CG児童ポルノ裁判】被害児童が“実在しているか否か”をめぐり、揺れる裁判! 目が離せない!!
 18歳未満の少女のヌード写真をもとに作成した画像(CG)を販売したとして、岐阜県のデザイン業の男が児童買春・児童ポルノ禁止法違反の疑いで罪に問われている。写真以外の画像が児童ポルノとして摘発されたのは、この件が初めてということもあり、注目を集めている。 今回は、10月29日に東京地裁(三上孝治裁判長)で行われた被告人質問とあわせて、被告人が参考としたヌード写真がどのようなものだったのかに...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア