NASA「南極大陸は失われていく氷より、増えている氷の量のほうが多い」と発表も、多くの研究家から異論噴出!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
NASA「南極大陸は失われていく氷より、増えている氷の量のほうが多い」と発表も、多くの研究家から異論噴出!!
 オーストラリアの約2倍の面積を誇る、地球の最南にデンと構える南極大陸。地球温暖化による影響で、「氷が溶け、海面上昇を引き起こす」と長らく説かれ続けてきたが、先頃NASA(アメリカ航空宇宙局)が、「失われていく氷より、増えている氷の量のほうが多い」と発表した。 98%が平均1.6kmの厚さの氷で形成されている南極大陸は、冬になると平均気温がマイナス50℃ほどとも言われる極寒の地だ。今でこそ...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア