痴漢冤罪で自殺した25才の青年、死の直前に書かれたメッセージとは? 名誉回復に向けて警察と闘う母の奮闘

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
痴漢冤罪で自殺した25才の青年、死の直前に書かれたメッセージとは? 名誉回復に向けて警察と闘う母の奮闘
~【ジャーナリスト渋井哲也のひねくれ社会学】都市伝説よりも手ごわいのは、事実だと思われているニセモノの通説ではないだろうか? このシリーズでは実体験・取材に基づき、怪しげな情報に関する個人的な見解を述べる~ 2009年12月11日朝、東西線早稲田駅で大学職員の原田信助(はらだしんすけ)さん(当時25)が電車にはねられた。自殺とみられているが、原田さんは亡くなる前夜に新宿署で「痴漢容疑(迷惑...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア