人間への恨みが爆発! 実際に飼い主から捨てられ“野獣”と化した犬250匹が迫真の演技をする映画がヤバい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
人間への恨みが爆発! 実際に飼い主から捨てられ“野獣”と化した犬250匹が迫真の演技をする映画がヤバい!
 昨年のカンヌ国際映画祭を揺るがせた衝撃作『ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲』。それは、階級主義や理不尽な抑圧がはびこる現代社会に一石を投じる、新感覚の社会派ホラーだった。 雑種犬に重税を課すという悪法が施行されたある街を舞台に、飼い主に捨てられた犬たちが人間に反旗を翻すさまを描いた本作。メガホンを執ったのは、2000年に長編映画デビューして以降、数々の映画賞を受賞しているハンガリー人の...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア